"音読"が国語力の鍵

♥国語力は学びの基礎

.

文章を読んで、その内容を正確に理解することは、すべての学びの基礎になります。

これが国語力になります。

.

算数の問題を考える力がつけば、国語の読解力が身につきますし、

国語の読解力がつけば、考える力がついてきますね。

.

♥国語の勉強法として、音読が大切

.

日本では、江戸時代の寺子屋や藩校では、論語などの四書五経を素読させていました。

.

素読とは、

「書物、特に漢文で、内容の理解は二の次にして、文字だけを声に出して読むこと」です。

.

日本人として初のノーベル受賞者となった湯川秀樹博士は自伝『旅人ある物理学者の回想』で素読の効果を次のように記しています。

.

「私はこのころの漢籍の素読を決してむだだったとは思わない。……意味もわからずに入って行った漢籍が、大きな収穫をもたらしている。その後、大人の書物をよみ出す時に、文字に対する抵抗は全くなかった。漢字に慣れていたからであろう。慣れるということは怖ろしいことだ。ただ、祖父の声につれて復唱するだけで、知らずしらず漢字に親しみ、その後の読書を容易にしてくれたのは事実である」

.

♥音読がスムーズにできなくても、褒めるてあげる

.

なぜ音読をスムーズにできないのでしょうか。

それは、文章中に知らない言葉が含まれているからです。

.

例えば「おどろおどろしい」と書かれていても、この言葉を知らなければ「おどろお・どろしい」と分けて読むかもしれません。

.

この時、

「こんな文章もきちんと読めないの」とか「ダメねえ」など、子どもを否定するような言葉を言うこたは絶対にダメです。

.

「おどろおどろしいという言葉があってね、今日は、この言葉を覚えようね」と励まします。

.

そして、うまく読めれば、褒めてあげます。

.

♥言葉が知識としてインプット

.

こうして音読練習をすれば、目で文章を見ると同時に、口から発音された自分の声が耳から入ってきます。

.

この一連のプロセスを経ることで、言葉が知識として脳にインプットされます。

.

これを繰り返すことで知識が定着していきます。

.

♥素読・音読は、楽しく知識を定着させる

.

「よい声で読んでいるね」

「楽しそうに読めているね」

と、音読が気持ちよくさせてあげて下さい。

.

短い文章から、長い文章が読めるように、

大切なことは、いろいろな種類の長文を楽しく音読することです。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示