私立中学校の学習内容


今日は、私立中学の学習内容について書きます。

.

❤️中高6年間の独自のカリキュラム

.

中学受験に合格して私立中学校に入学すると、

ほとんどの場合、高校受験はなく併設高校へ進学する6ヵ年一貫教育を受けることになります。

.

私立学校にはそれぞれ、

学習指導要領に縛られることなく、

6年間の学習内容を効率的に学べるように工夫されたカリキュラムがあり、これが私立中学の要となります。

.

中学と高校の学習内容を全体的に見渡すことで、

関連付けて学習させる方が理解しやすい単元を連続して教えたり、

高校の学習内容を中学で先取りする……

理解度・定着度を高めるための工夫がされています。

.

❤️朝の授業前や放課後の時間の使い方

にも、私立学校の特色が表れます。

.

授業前の読書で気持ちを落ち着ける

前日に学んだ内容を朝テストで定着確認する

放課後に予備校講師を招いて受験指導する

自習室を夜遅くまで開放する……

生徒の学ぶ意欲に徹底して対応されています。

「面倒見がいい」とよく言われますね。

.

❤️いろいろなコース

.

進路目標別のコース

習熟度別のコース

少人数制のコース……

いろいろなコースがあります。

.

中学入試で一定以上の学力を認められた生徒たちとはいえ、学力差・理解度の差がありますので、

.

理解の早い生徒とじっくり時間をかけて理解する生徒を、同じ速さで進む授業をしていては、

退屈する生徒もついていけない生徒も出てしまいます。

.

コース制や習熟度別授業は、

生徒それぞれが理解するスピードに合わせて授業を展開することを目的にしており、

子どもの個性を尊重した指導を考えられています。

.

❤️偏差値を上げる

.

中学受験に限らず、

学校は入学試験の偏差値で序列化されることが多くありますが、

重要なのは入学後に「その時点のわが子の学力に合った指導」が受けられるかどうかです。

.

偏差値だけが教育の価値ではありませんが、

偏差値を上げることに重点を置いて指導してくれます。

.

❤️学校に依存し過ぎないことが大切

.

中高一貫した指導

理解度・定着度を高めるための工夫

きめ細やかな指導

個性の尊重

偏差値を上げる徹底指導

.

これらの学習内容が、私立中学の特徴です。

.

このように面倒見が良いことで、注意してほしいことは、

ただ学校のやり方に依存し過ぎないことです。

.

学校からの学習課題を、

押しつけられているような受け身の感覚で勉強をやるのではなく、

なぜこのような勉強をするのかという意味を考えて、目標を持って、能動的に学んでほしいということです。

.

❤️私立中学で自立学習

.

なぜなら、

志望大学に合格し、卒業すれば、

面倒見の良かった学校から、一転して、自分で考えて学んでいく大学という環境に置かれるからです。

.

私立中学で、自立して勉強することに努めることで、中学受験により大きな意味が出てくると思います。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示