四谷大塚組分けテスト



6/13(日)

本日は四谷大塚の組分けテストでした。

本校のK君は今日に向けて歴史の勉強を頑張ってきたようで、

学校でまだ歴史を習っていないこともあり、

なかなか苦労したようです。


ですが、

そう言いながらも学習してきたことは素晴らしいことです。

前週に全国統一小学生テストもあり、

今回は1週間頑張ったけど、

難しいと思うと自信なさげでした。


今回のテストも黙々と時間いっぱい考え抜いて頑張りました。

K君自身は頑張った分早く結果がついてきて欲しいと思っているようですが、

毎日の積み重ねが大事です。


学力の差は努力の差です。


毎日コツコツとしっかりとした教材で学習を続けることが重要です。


まだ初めて1ヶ月、あせってはいけません。

結果は2月の本番に出せばいいのです。


それまでに毎日続けることそれ以外近道はないことはK君もわかってきたようです。


弟のR君も頑張りました。


今日はお兄ちゃんたちがテストをしている間も、

奥川先生と一緒にあーでもないこーでもないと学習をしました。


算数は図形を学習、終わったあとは「今日はめっちゃ頭使った!」

と清々しい顔でした。


国語は江木先生と一緒に学習。

文章中にゲンゴロウやタガメが出てきたのが

R君にとっての学びのチャンスになりました。


R君に「タガメって知ってる?」と聞くと

「カメの仲間やろ、ゲンゴロウはわからん。」と。


タガメやゲンゴロウの写真を見せると初めて知って喜んでいました。


子どもって凄いですよ!


すぐに覚えてしまいますからね。


江木先生にタガメはカエルとか捕まえるのに

クワガタのハサミのように大きな鋭い前足があるんだよと教えてもらい

タガメやゲンゴロウの写真を見て

名前を当てるゲームをしたら全問正解。


20分1回のサイクルで学習をしましたが本当に集中してできていました。


来週もみんなで学習できるのが楽しみですね!




閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示