中学受験の問題は、大学受験のための思考力を養う

♥東大・京大合格に導く思考力を身つける格好の素材

.

それは、私立トップレベル中学校の入試問題です。

.

「入試問題を解いていれば、中学受験を希望する子どもの役に立つ」というだけではありません。

.

中学入試の難しい問題を使って考える訓練をしっかり行い、頭が柔らかくなっていれば、大学受験で必要な思考力を養うことにつながります。

.

中学受験で要求される思考力が、確実に大学受験にも、直結しているということです。

.

♥灘中の入試問題

.

「8桁の整数12345678に下のような操作を100回続けて行ってできる整数は〇〇〇〇〇〇〇〇です。

.

操作:左から1、2、3、4、5、6、7、8番目の数字を、それぞれ左から2、4、6、8、1、3、5、7番目に移す。

つまりABCDEFGHをEAFBGCHDにする。」

.

一読しただけでは、問題の意味を理解できません。

何を求められているのかがわかったとしても、簡単には解けません。

.

♥“なぜ”を考える

.

❶なぜ、ABCDEFGHがEAFBGCHDになるの?

❷何か規則性がないかな?

❸10回まで書いてみよう!

.

実際にやってみると、

❶この操作を6回繰り返せば、元の数字に戻ることがわかります。

❷あるいは3回目で、最初の数の並びとちょうど反対になることに気づきます。

❸「1」が、どう動くのかに注目して考えることもできます。

.


.

♥内容を把握するための「熟考」が考える力を養う

.

算数の入試問題には、このような良問がたくさんあります。

.

問題文を一読するだけでは解けません。

問題を見て鉛筆をすぐに手にする子どもは、ほとんどいません。

たいていの子どもは、最初は問題を熟読します。何が問われているのかを理解しなければ、考え始めることができないのです。

.

その次に、

♥問題の内容を情景図や線分図を使って表します

.

♥図を描くことの大切さ

.

❶問題の意味をより深く理解できるようになり、問題を違った角度から見ることもできるようになります。

.

❷数量関係を正しく把握できているかどうか確認できる。

線分の長さをどう表現するかも考える訓練になります。

.

❸図をきちんと描くことも、頭を鍛える訓練になります。

定規を使って10㎝の長さの線を、正確に引くことができる。900円を三等分する線分図を描く時に、きちんと三等分できる。図を描くことで数量感覚を養うことができます。

.

図を丁寧に正確にバランスよく描くことで問題を表現し、答えを求めていきます。

.

♥まとめ

.

小学校では習わない中学受験で出題されるいろいろな問題は、

もちろん中学受験の対策のために利用しますが、

それだけにとどまらず、

大学受験につながる思考力を養うことにもなるということです。

.

このように中学受験をするということは、大学受験に必要な思考力を育てることにもつながります。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示